尖圭コンジローマの症状にはテトラサイクリン系の薬

尖圭コンジローマとは性病で感染症の一つです。主に男女ともに陰部にイボができ症状ができると腫瘍として進み、形状はカリフラワー状となります。主な性病の抗生剤ではテトラサイクリン系の薬を使用します。こちらの治療方法は症状が軽めの内はイミキモドクリームという塗り薬で治療します。感染部分に働きかけてウイルスの増殖を抑えて免疫力を向上させます。再発のおそれがあるために軽視さずに何度も治療にあたります。尖圭コンジローマはHPVの中で6型と11型ウイルスになります。また他にはレーザー治療で切除や蒸散術での方法があります。症状が悪化すると子宮頸がんへとつながることがるため、悪性の時は感染症として管理する必要があります。おもな性病になる梅毒などになる場合はやはりテトラサイクリン系で抗菌での治療します。これらの性病の検査では細胞診検査を行い、細胞に突起状の部分と空胞細胞ではHPVの感染が認められれば、良性と悪性での判断基準の判別をします。これらの検診は定期的に行うことが最近の話題で取り上げられたような他のがんでの症例と同じく必要です。この尖圭コンジローマにおいても症状が軽ければクリームの塗布で、他の性病ではペニシリン系やテトラサイクリン系によってが有効になり悪性にはならず、その段階で済む段階に落ち着くことが重要です。その段階の治療に数週間での判別と効果が出ることになります。がんへと進み、HPVの16型18型の子宮頸がんへと発症した際には海外で実用実績があるHPVに対するワクチンが各種、開発されて予防対策に利用されています。海外の医薬品開発ではこれらのいろいろながんへの開発研究に日夜進歩を続けて、ワクチンが新しくできています。