コンジローマ治療期間に注意すること

コンジローマの治療期間には、性交渉を持たないように注意するようにしましょう。
コンジローマの治療を行うことで、症状も出にくくなってきますが、よくなると安心してしまい性交渉を持ってしまう方もいるのです。
ただし、症状として出てこなくても、コンジローマは完治していない状態になり、病気の元となる菌はいまだ体内に存在しています。
この状態で、性交渉を持ってしまうと、パートナーに移してしまう可能性が高くなるため、医師から許可されないうちは性交渉を持たないように気を付けましょう。
特定のパートナーがいる方は、相手と性交渉しないように気を付ける必要がありますが、特定の相手がいない方も、不特定多数の異性と関係を結ばないように注意する必要が出てきます。
症状が治まってくると、今までのうっぷんを晴らすように、多くの方と性交渉を持ってしまう方もいるのですが、不特定多数と関係を結ぶことで、コンジローマを広げる原因となってしまうのです。
また、コンジローマにかかっている方は、抵抗力が落ちているため、異性と関係を持った時に別の性病にもかかりやすくなってしまいます。
今までは、コンジローマだけの治療に集中していればよかった状態から、別の性病も治療しなければいけなくなり、完治までに時間がかかってしまうのです。
コンジローマにかかった時には、異性との性交渉を持たないように気を付けるようにしましょう。
基本的には、性交渉を控える点に気を付けて生活を送るとよいのですが、免疫力が低下することにより、症状が悪化しやすくなるため、早寝早起きを心掛けたり、栄養バランスのとれた食事を摂取し、免疫力が低下しないように生活の仕方について注意してみるとよいでしょう。