コンジローマ再発の原因

コンジローマは性病の一種ですが、再発を繰り返す厄介な病気としても知られています。
その再発率は25%ともいわれ、決して低い数字ではないことが分かります。
すでにコンジローマにかかって治療を行っている方は、その再発を予防したいと考えておられることでしょう。
そのためには、コンジローマがなぜ再発するのかその原因を知る必要があります。
コンジローマが再発する原因については実は詳しくは分かっていませんが、一つの原因として免疫機能の低下が指摘されています。
体の免疫機能はいろいろなウイルスに抵抗して排除するために活動していますが、その機能が低下することによって、コンジローマの原因となっているウイルスを十分に排除できないためだといわれているのです。
その根拠となるのは、コンジローマの原因となっているウイルス自体は、特別に珍しいウイルスではなく、体の免疫機能が正常に働いていれば、しっかりと排除できるものだと考えられるからです。
よって、再発の原因が免疫機能の低下にあるといわれているのです。
これを踏まえて、どのように再発防止を行えるのでしょうか?
3つのポイントを挙げることができます。
一つは、体を鍛えて免疫力を上げること。
そして、免疫機能を強化できる食事を心がけること。
さらに、他の病気にかからないように注意することです。
こうした方法で免疫機能を安定化させることにより、再発防止を行うことができます。
ただし、効果的に再発防止を行うためには、専門の医師のアドバイスが欠かせません。
よって、女性は婦人科、男性は皮膚科や泌尿器科を受診するようにしてください。
専門の医師に相談することにより、免疫機能を高めるための的確な処置を受けることができます。