女性のコンジローマ治療の病院について

コンジローマとは、ヒトパピローマウイルスによって感染します。感染後、3週間から3ヶ月程度たってから米粒や小豆粒くらいの大きさのイボ状のものが膣口や小陰唇の内側、肛門の周りにできます。コンジローマは、初期症状で痛みがなく、多少の不快感を覚える程度ですが、進行していくとイボ状のものが増えたり、外陰部全体が腫れます。かゆみや熱、排尿痛、性行為痛、歩行時の痛みなどがあらわれてきます。
コンジローマが出来た際には、病院にて治療を受けることになります。女性の場合は、産婦人科や性病科のある病院を受診することになります。病院には、おできなどのできものを見つけたら行くようにします。
女性の治療でも、薬による治療と外科的な治療の2つがあります。イボができている場所や数、大きさに合わせて治療法を選ぶことになります。塗り薬は、イボが消えてもウイルスが残っていることがあるため、8週間以上塗り続けることになります。塗り方に指定があるため、維新指示に従って治療をすすめることになります。外科的な治療では、電気メスや冷凍療法でイボを取り除くことになります。傷跡が残る場合もありますが、膣内部など塗り薬が使えない部分には外科的な治療を行うことになります。
コンジローマに女性が感染している状態で妊娠した場合、産道感染のリスクがあります。胎児が産道を通る際にコンジローマに感染し、呼吸器にいぼができてしまうことがあります。大人よりも免疫の弱い新生児は、ヒトパピローマウイルスの影響も多くなりがちです。感染してしまった場合は、何度ものどのイボを取る手術を受けることもあります。そのため、妊娠を希望している、もしくは妊娠中の場合は、出産までに治療を終える必要があります。